お問い合わせ

聖蹟桜ヶ丘駅 東口より徒歩1分
東京都多摩市関戸2-40-1 京王
聖蹟桜ケ丘東口ビル3F
TEL:042-337-6660 FAX:042-337-6615

--- コラム ---

2023年1月24日
花粉情報

1月20日から大寒に入り、酷寒の時期を迎えております。
今週は今季最強寒波の襲来で大雪や低温への注意が呼び掛けられています。

ですが、春はもうそこまで来ています。
春の訪れの代名詞に花粉症がありますが、先日気象庁から今年の花粉情報第3報が発表されました。

関東地方は、今年の花粉は、例年や昨年と比較しても非常に多い❗️2倍以上との予報が出されています!!

飛び始めの予想は、東京は2月11日頃で例年並みとの事です。

又ピークも例年並みでスギは3月、ヒノキは4月との予測が出ています。

花粉が飛散する前に、予防を兼ねて点眼、
内服などの対策をお勧めします。詳しくはかかりつけの先生にご相談下さい!

(画像は全て気象庁より転載です)


2023年1月16日
雪山

新年1月に入り、ホームページに新しい写真を載せました。

富士山の写真は、昨年暮れに乙女峠から撮ったものです。
もう一枚の写真はカナダのウィスラーの写真です。ウィスラーはバンクーバーから北に120キロに位置する北米第一級のスキーリゾート地です。

コロナ感染症も、全国旅行支援が再開されお出かけの機会も増え、この冬はスキーやスノボに出かける方もいらっしゃると思います。

ウインタースポーツで気をつけなければいけないのが雪目、雪眼炎です。
紫外線に晒されてから約6〜10時間後、急に、目の痛み、結膜の充血、目がゴロゴロする、涙がでる等の症状が出ます。症状が重い場合は目を開いていられなくなります。
角膜の炎症、角膜上皮剥離が伴っている事も多いです。
治療は点眼薬になります。

ゲレンデでは、必ずサングラスして、眼を守りましょう!
サングラスは紫外線カットのものが良いですがあまり色が濃いととかえって瞳孔が開いて紫外線の量が多くなりますのでご注意下さい。
又症状が出たら、コンタクトレンズよりメガネの使用をお勧めします。

雪山
雪山

2023年1月4日
新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。 

本年、2023年の干支は癸卯です。
寒気が緩み萌芽を促す年との事です。
癸は十干の十番目で終わりとその次の始まりを表し、種子がはかるほど大きくなり蕾が開く直前を意味するそうです。
又卯は十二支の四番目で草木が地面を覆い萌え出づる春のイメージで、卯という字の形から、冬の門が開き飛び出る、飛躍を意味しているとの事です。

コロナ禍から脱し、大きく飛躍し向上する年になって欲しいと思います。

今年、当院も新しい部門を発進させる予定でおりまして、医家小川家、敬斎堂の歴史と伝統を継承しつつ、新しい事にも挑戦し、皆様のお役にたてる様に頑張っていきたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとって本年が素晴らしい年になります様にご多幸を心よりお祈り致します。

新年のご挨拶

2022年12月23日
冬至: ストーンヘンジ🇬🇧

昨日は冬至でした。
ご存知の通り、冬至は一年の中で最もお昼の時間が短い日です。

日本では日の出は元旦に!ですが、イギリスではストーンヘンジでの夏至や冬至の日の出が有名です。

ストーンヘンジは、イギリスの南部、ソールズベリーの北西約13キロに位置する紀元前2,500年から2,000年前に作られたと言われている世界遺産に登録されている巨石群です。未だ何故作られたかははっきりと分かっていませんが、石の配列は太陽の動きを示すと言われています。
夏至や冬至の時はお祝いの儀式が行われ、沢山の人々が集い、ツアー等もあります。

毎年、冬至や夏至の日の出や日没の様子をEnglish HeritageがYouTubeのライブで全世界に配信していて、昨日も行われました。残念ながら曇っていて太陽を見る事はできませんでした。が、2020年、コロナで立ち入り禁止の年の綺麗な日没の写真を掲載してみました。

季節的には本格的な寒さはこれからですが、冬至が過ぎると毎日少しづつお昼が長くなります。

今年はクリスマス寒波との事で厳しい寒さの年末を迎えますが、体調にくれぐれも気をつけて良いお年をお迎え下さい!!

冬至: ストーンヘンジ

2022年12月12日
クリスマスの飾り

12月に入ると街はイルミネーションで輝き、あちこちでクリスマスソングが流れ、もうクリスマスムード一色です🎄

先日当院もクリスマスグッズを飾りました。くるみ割り人形のクリスマスオルゴールです。中が明るく光って雪がチラチラ舞ってる様で綺麗です。
お人形二体、可愛いのを飾りました。

クリスマスカラーといえば、赤、緑、白、ゴールドですが、それぞれに意味があるそうです。
赤はキリストの流した血を表し神の愛と寛大さを意味し、キリスト教のシンボルカラーです。緑は永遠の命や力強さ、白は純粋や潔白、ゴールドは高貴や希望や豊かさ、だそうです。

クリスマスが来るとあっと言う間に今年も終わりになりますね!

クリスマスの飾り

2022年11月25日
日展

秋の恒例の行事といえば日展です。
今年もお知り合いの方が入選なさってチケットも頂いたので見に行きました。力作揃いで十分に堪能させて頂きました。

国立新美術館は日本では珍しくコレクションを持たない美術館なので、英訳ではミュージアムではなくアートセンターとの事です。
来年は、ルーヴル美術館展、テート美術館展と楽しみが続きます。

六本木ももうすっかり初冬の趣で「朔風払葉」(きたかぜ このはをはらう)の季節そのものす。
クリスマスの賑わいの前の過ぎ去る秋を惜しむ寂寥感満ちたこの時期、枯葉散る音、落ち葉を踏むカサカサとした音だけが聞こえてくる、そんなこの時期をそっと静かに楽しみたいですね!

日展
日展

2022年11月16日
林檎

リンゴの美味しい季節になってきました🍎
スーパーのフルーツ売り場もこの間迄は真ん中には葡萄や柿などの秋のフルーツでしたが、いつの間にかツヤツヤとした赤や黄色のリンゴが盛られています。
リンゴの皮には健康に良いと言われるポリフェノールがたっぷりあるので、皮付きのまま横の輪切りのスライス(スターカット)して頂くのがオススメだそうです。

さて、先日小さい可愛い林檎を見つけました!!生和菓子です!
あんまり可愛くてそっくりにできているのでお写真をアップで撮ってしまいました!!中は白餡です。大切に美味しく頂きました😁

和菓子は日本の豊かな四季の彩りを見事に表していて、いつもとっても楽しみです。来月の忙しい師走の前に季節の和菓子を堪能して英気を養うのも良いかと思います。

リンゴ

2022年11月11日
紅葉

11月に入り立冬が過ぎると都内の木々の紅葉が進んで来たのを実感します。

今回お届けする紅葉の写真は昨年京都二条城で撮ったものです。
京都の紅葉はつややかに色づきそして一際紅く、美しさの中に「もののあはれ」さえ感じられる様な気がします。
平安の昔から、人々はこの紅葉を何より愛でて自然が与えてくれる美しさと、そして時が移ろいその美しさは永遠のものではない儚さにも思いを至らしたのに違いないと感じてしまいます。

木々は、葉を色づかせ葉を落とし、厳しい冬に備えます。人間も晩秋は寒暖差が激しく体調を崩しがちです。
体調に気をつけて、紅葉狩りを楽しみながら心身共に冬に備えたいものです!

紅葉

2022年10月24日
銀杏並木

秋に入り、ホームページの写真を神宮外苑で撮った黄葉した銀杏の写真に変えました。

秋晴れの空は、天高くと言われる様に青く澄み渡りあくまでも高く感じられます。その空に向かって、円錐形に整えられた黄金色の銀杏の木々が輝きを帯びて伸び、地上は落葉で黄色の絨毯になります🍁🍃🍂

コロナで引きこもりがちだった子供達も外遊びが快適にできる季節です。

昨今危惧されている子供の近視にも外で過ごす時間は大変重要です❗️

今年こそ、大人も子供も、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋を満喫したいですね!!

銀杏並木

2022年9月12日
十六夜

昨夜は十六夜でした。「いざよい」(十六夜)って何かオシャレなネーミングですよね!

十五夜の満月で中秋の名月の翌日、月が十五夜よりもためらっているかの様に遅く出ることから名づけられたと言われています。十六夜も十五夜に負けず劣らず美しく、共に秋の季語になっています。

満ちた満月だけじゃなくて色々な月を 愛でる感性は、日本人の繊細な美的感覚が感じられますね!

また、面白いのは、関東と関西ではお団子の形が違うんです!!

この形の違いは歴史的な事で、お月見の行事は平安時代に中国から来たもので、当時は里芋をお供えしていたので、そのまま関西のお団子はその里芋を模した形でだそうです。

関東のは、江戸時代からお月様の形を模した丸いお団子でお月見をしたのだと言われているそうです。

十六夜

2022年9月9日
重陽の節句

9月9日は菊の節句、重陽の節句です。
あまり馴染みの無いお節句ですが、陰暦9月9日は9という数字が陽数つまり奇数の極みであり、その9の字が重なる9月9日を重九と言い吉日としてきたそうです。

前日8日に菊の花を真綿で覆って夜露と香りを移しとり、節句の朝その綿で顔や身体を拭くと長寿を保つと信じられてきました。

685年、嵯峨天皇の時代から菊花の宴が始まったそうです。それ以来宮中で行われ、紫式部も歌を詠んでいて平安時代の様子がうかがいしれます。

菊は邪気払いと重宝されてきましたが、菊花は抗菌作用、解毒作作用があると言われているそうです。お刺身のツマにも飾ってあるのはただのお飾りでは無いのです。

又、東洋医学では、菊花は目を健やかにする明目作用があるとされているようです。漢方薬には菊の花が配合されているのがいくつかあるそうです。

菊の花弁をお酒に入れる菊酒にもその様な効用があるのかもしれません。

そんな故事を思いながら、目にも良さそうな菊酒を頂いて菊を愛でるのも秋の楽しみの一つかと思います。

着せ綿

着せ綿


2022年9月1日
秋の花粉症に注意しましょう!!

9月に入りました。長月の名前の由来の様に日に日に日暮れが早くなり、朝夕に吹く涼やかな風や、庭にすだく虫の音にも秋の訪れを実感するこの頃です🌾

さて、その秋に気をつけなければいけないのが秋の花粉症です!
花粉症で有名なのは春のスギ花粉ですが、秋もブタクサ、ヨモギ、カナムグラ等が原因です。
1961年に日本で初めて花粉症が報告されたのはなんとスギ花粉ではなくブタクサなのです。

今の時期、花粉症の症状はコロナ感染症の初期症状と類似しているのが多くて間違えやすいです。
コロナ感染症と花粉症の症状に共通するのは、頭痛、発熱、倦怠感、喉の痛み、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまり等の症状です。

それらの症状の他に、目の痒み、目やにの症状があれば殆どが花粉症の可能性が高いです。コロナ感染症では、目の痒み等の症状が出る事は稀です。

見逃されがちな秋の花粉症ですが、コロナ感染と共に気をつけましょう!!

ブタクサ

ブタクサ(豚草)


2022年8月25日

これからコラム始めます。
季節のことや眼の情報などを発信できればと思っています。

このホームページの最初の写真は東京の空を撮ったものです。

今年の夏は本当に暑く、空を見上げる事さえためらう程でしたね!
また、新型コロナの影響で鬱々として俯きがちで、目線を上げて空を見上げることすら忘れてしまった様な日常でした。
でも実は、今年の夏の東京の空はこんな青く綺麗でした☀️

これからホームページやこのコラムに、自分で撮った写真も随時掲載したいと思っています。
又その時のエピソードや状況等も織り交ぜて皆様にお伝えできればと思います。

よろしくお願い致します♪